本文へジャンプ
消防設備のベストパートナー

有限会社 誠和防災

消防設備工事
防災意識の高い安心安全な施設
次のようなビル・マンションには消防用設備工事が必要です

火災はほとんどが管理不足や不注意などの人的問題意識が原因となっております。
施設の安全性は経営者の意識により大きく左右されます。
弊社は、防災面での安全が高く、安心してご利用いただける施設のお手伝いを致します。



改装に伴う消防設備の工事、消防届出書類、防火対象物点検もお任せください。
経験豊富なスタッフがお客様のご要望をお伺いして最善の方法をご提案させていただきます。

平成21年4月1日に社会福祉に係わる消防法の一部改正が行われ、老人ホーム・障害者施設・乳児院等の施設にスプリンクラーの設置が義務づけられました
消防用設備保守点検の結果、不具合や不良箇所が発見された場合
現在設置されている消防用設備が何らかの問題があり消防法により執行となった場合
消防法改正により、新たに消防用設備の設置が必要となった場合
室内の間仕切り壁などを設置するなど内装工事をした場合→感知器の追加
その他消防署の指導により改修が必要な場合